日本科学哲学会第1回(1968年度)大会

時:1968年11月9日(土)、10日(日)
所:大東文化大学教養部
講演:日本哲学会


11月9日

総会
 1.一般報告
 2.会計報告(1967年度)

研究発表
 第1部 〔司会〕中田 勉、石本 新
 1.竹崎鼎輔   「数学的実在の基本構造」の人間学的考察
 2.川野 洋   表現と伝達
 3.江藤 肇   数理計画法の有限的実現
 4.高松鶴吉   ブール代数の一般化―ニューマン代数を中心として―
 5.大窪徳行   意味情報理論について―カルナップ、バー・ヒレルの方法
           の批判的吟味とその拡張―
 6.石本新・藤川吉美 二種類の様相演算をもつ様相言明算について
 7.杉原丈夫   所能・可能・蓋然

 第2部 〔司会〕磯野友彦、中里良男
 1.田上重興   良心の構造について
 2.安藤唯一   行動の中の哲学、行動規範について
 3.小田切瑞穂  科学と抽象
 4.吉村 章   感覚は与件であるか
 5.大畑甚一   《見ること》について
 6.沢田允夫   感性的世界、物理的世界と実在的世界

特別講演
 科学の言語について  〔司会〕川野 洋
 大森荘蔵(東京大学教授)


11月10日

シンポジウム
 第1部   〔司会〕杖下隆英
 規範的倫理学は可能であるか
 問題提出者 小泉 仰、永井成男

 第2部   〔司会〕伊東俊太郎
 科学哲学とは何か
 問題提出者 黒崎 宏、坂本百大、市井三郎

特別報告
 大学教育における科学哲学  〔司会〕永井成男
 今田竹千代(亜細亜大学教授)


[総目次]