日本科学哲学会
第5回(昭和47年度)大会

時:12月2日(土)・3日(日)
所:亜細亜大学
東京都武蔵野市境5-24-10


12月2日(土)

研究発表(10:00〜12:30)第1会場

 第1部 〔司会〕永井成男(東洋大学)
 1.小田切瑞穂(奈良大学) 伝統的科学の観念性
 2.森 一夫 (大阪教育大学) 自然認識における“構造”について
                 ―Piaget の構造主義の再検討―
 3.宮下治子 (東京大学) 幻覚は誤りか
 4.沢井涛哉 (立教大学) 人間意識の一問題
 5.長坂源一郎(南山大学) 物理的時間の意味するもの

    (10:00〜12:30) 第2会場
 第2部〔司会〕斎藤晢郎(法政大学)
 1.杉元賢治 (近畿大学)  自然科学における公理主義の歴史的意義について
 2.申 雨 (韓国清洲大学)認識係数
 3.神里 公 (東洋大学)  技術の制御
 4.卜部小十郎(南山大学)  拡がりに関する Zero のパラドックスについて
 5.石本 新 (東京工業大学)構成的様相論理学について

理事会・委員会(12:30〜13:30)

特別講演(13:30〜15:00)
〔司会〕上野義夫(広島大学)
 最近の宇宙像
 寿岳 潤(東京大学・東京天文台)
 特定質問者 大森荘蔵(東京大学)、柳瀬睦男(上智大学)、前原昭二(東京教育大学)、
       長坂源一郎(南山大学)

シンポジウム(第1)(15:10〜17:40)
〔司会〕吉村 融(埼玉大学・哲学、行動科学)
 エコシステムと科学技術の共生は可能か
 問題提出者 1.合田周平(電気通信大学・システム工学)
       2.公文俊平(東京大学・経済学)
       3.後藤邦夫(桃山学院大学・科学史)
       4.沢田允茂(慶應義塾大学・哲学)
       5.沼田 真(千葉大学・生物学)

懇親会(18:00〜20:00) 


12月3日(日)

総会(10:00〜11:00) 第1会場

特別講演(11:00〜12:20) 第1会場
〔司会〕坂本百大(青山学院大学)
 心理学の方法論における最近の進歩について―多次元尺度構成とその応用―
 吉田正昭(中央大学)
 特定質問者 川野 洋(都立工科短大)、黒崎 宏(成城大学)、
       吉田夏彦(東京工業大学)

理事会・委員会(12:20〜13:30)

特別講演(13:30〜14:30) 第1会場
〔司会〕大江精三(日本大学)
 科学史と科学哲学の融合
 伊東俊太郎(東京大学)

シンポジウム(第2)(14:30〜17:00) 第1会場
〔司会〕玉野井芳郎(東京大学・経済学)
 科学理論の発展と推移の構造
 問題提起者 1.市井三郎(成蹊大学・哲学)
       2.筑波常治(科学論)
       3.中村秀吉(千葉大学・哲学)
       4.松浦 保(慶應義塾大学・経済学)
       5.村上陽一郎(上智大学・科学史)


[総目次]