日本科学哲学会
第6回(昭和48年度)大会

時:10月20日(土)・21日(日)
所:徳山大学
山口県徳山市久米栗ヶ迫842-3


10月20日(土)

研究発表(9:30〜12:30) 第1会場

 第1部 〔司会〕武田弘道(大阪市立大学)、速川治郎(早稲田大学)
 1.大窪徳行(長崎造船大学) カルナップ帰納的確率値C☆の適用に関する
                 “パラドックス”とその解法を示す定理について
 2.浅野楢英(兵庫医科大学) アリストテレスの自然演繹体系
 3.高松鶴吉(大東文化大学) Duality と two state logic について
 4.根井康雄(九州芸術工科大学) 固有名と確定記述
 5.松井 保(島根大学) Piaget の群束VIIIに関する一考察
 6.杉原丈夫(福井大学) 量子力学の論理学

 第2会場(10:00〜12:30) 〔司会〕上野義夫(広島大学)、村上陽一郎(東京大学)
 1.黒川喜正(近畿大学) 道徳的価値判断の正当化について
 2.里深文彦(相模女子大学) 生命現象における偶然と必然
 3.湧井秀雄(南山大学) 生物史観について
 4.申 ◆雨(韓国清洲大学) 認識係数II
 5.内田種臣(早稲田大学) フッサールとカルナップ―Carnap: Logische Aufbau der
                Weltにおけるフッサールの影響について
 6.長坂源一郎(南山大学) 理論・説明・還元

理事会・委員会(12:30〜13:30)

シンポジウム(13:30〜17:00)
〔司会〕坂本百大(青山学院大学)
心身問題の現代的状況
問題提出者 1.中村秀吉(千葉大学)
      2.永井成男(東洋大学)
      3.黒崎 宏(成城大学)
      4.藤本隆志(北海道大学)

懇親会(18:00〜20:00)


10月21日(日)

総会(9:30〜10:30)

理事会・委員会(12:30〜13:30)

特別講演(10:30〜12:30)
〔司会〕川野 洋(東京都立工科短期大学)
 計算機科学の理論化の動向について
 五十嵐滋(京都大学)

シンポジウム(13:30〜17:00)
〔司会〕石本 新(東京工業大学)
 哲学における近代論理学の功罪
 問題提起者 1.竹尾治一郎(大阪教育大学)
       2.藤村龍雄(東京水産大学)
       3.坂井 寿(東京都立大学)
       4.浅野楢英(兵庫医科大学)


[総目次]