日本科学哲学会
第7回(昭和49年度)大会

時:11月23日(土)・24日(日)
所:青山学院大学
東京都渋谷区渋谷4-4-25


11月23日(土)

研究発表(10:00〜12:00)
 第1会場 〔司会〕瀬在良男(日本大学)
 1.湧井秀雄       地球自己保存の哲学について
 2.佐藤敬三(埼玉大学) 一般システム理論における生物学主義
 3.速川治郎(早稲田大学) 技術についての哲学的考察
 4.申 ◆雨(韓国清洲大学) 分析の限界について

 第2会場 〔司会〕黒崎 宏(成城大学)
 1.増沢照司(慶應義塾大学大学院) 歴史的行為の説明不可能性について
 2.服部裕幸(慶應義塾大学大学院) 痛みはプライベートか
 3.奥 雅博(大阪大学) 後期ヴィトゲンシュタインと言語ゲームの問題
 4.根井康雄(九州芸術工科大学) 映像と言語

理事会、委員会(12:00〜15:00)

シンポジウム(13:00〜17:15)
 科学技術政策の理念
 I 特別講演(13:00〜13:50)
 科学技術政策の理念とテクノロジー・アセスメント
〔司会〕今田竹千代(徳山大学・日本科学哲学会々長)
 向坊 隆(東京大学)

 II パネル討論 I(14:00〜15:30)
〔司会〕坂本百大(青山学院大学)
 問題提起者 1.宮川公男(一橋大学) 政策科学の立場から
       2.笠井章弘(政策科学研究所) 科学技術政策の発想の論理
       3.市井三郎(成蹊大学) 科学技術と現代思想

III パネル討論II(15:45〜17:15)
〔司会〕玉野井芳郎(東京大学)
 問題提起者 1.渡辺 格(慶應義塾大学) ライフサイエンスの指導理念
       2.高橋潤二郎(慶應義塾大学) 地域研究における
                       テクノロジー・アセスメント
       3.河中二講(成蹊大学) 政治的プロセスと科学技術
 参加パネリスト(上記諸氏の他)
  合田周平(電気通信大学)、越川文雄(科学技術庁)、坂本百大(青山学院大学)
  原 豊(青山学院大学)、松井 好(立教大学)、村上陽一郎(東京大学)
  児玉文雄(埼玉大学)、公文俊平(東京大学)、玉野井芳郎(東京大学)
  原田尚彦(東京大学)、松下 寛(野村総合研究所)、吉村 融(埼玉大学)

懇親会(18:00〜20:00) 青学会館(青山学院大学東門脇)


11月24日(日曜)

総会(10:00〜11:00)

研究発表(11:00〜12:00)
 第1会場 〔司会〕坂井秀寿(東京都立大学)
 1.杉元賢次(近畿大学) G.H.ハーディー「数学者の弁明」についての覚え書き
 2.卜部小十郎(南山大学) 素朴集合論の論理と公理的集合論の論理
 3.前原昭二(東京教育大学) 公理的集合論とカテゴリー

 第2会場 〔司会〕永井成男(東洋大学)
 1.川野 洋(都立工科短大) オートマトンの思考形式
 2.藤川吉美(東京工業大学) 意味の vector 理論
 3.斎藤晢郎(法政大学) 選好論理の意味論について

理事会・委員会(12:30〜13:30)

シンポジウム(13:30〜17:00)
 量子力学をめぐる諸問題
 I 特別講演(13:30〜14:30)
〔司会〕坂本百大(青山学院大学・大会準備委員長)
 量子力学の形成過程における諸問題
 高林武彦(名古屋大学)

 II パネル討論(14:45〜17:00)
〔司会〕村上陽一郎(東京大学)
 問題提起者 1.高林武彦(名古屋大学)
       2.上野義夫(広島大学)
       3.小出昭一郎(東京大学)
       4.亀渕 廸(東京教育大学)
       5.丹治信春(東京大学)


[総目次]