日本科学哲学会
第8回(昭和50年度)大会

時:11月15日(土)・16日(日)
所:福井大学教育学部
福井市文京3丁目9番1号


11月15日(土)

研究発表(10:00〜12:30)
〔司会〕永井成男(東洋大学)
 1.石川 純(東京大学) アリストテレスにおける矛盾律と排中律について
 2.西脇与作(慶應義塾大学) ブールの論理学について
 3.春藤修二(南山大学) 中間論理研究について
 4.西山佑二(慶應義塾大学) パットナム意味論の批判
 5.高松鶴吉(大東文化大学) Quantifiers のプログラミングについて

理事会・委員会(12:30〜13:30)

特別講演(13:30〜14:30)
〔司会〕大江精三(日本大学・日本科学哲学会々長)
 様相論理学の系譜
 杉原丈夫(福井大学)

シンポジウム(14:45〜17:00)
〔司会〕大出 晁(慶應義塾大学)
 様相論理学の現代的意義
 問題提出者 1.内井惣七(京都大学)
       2.野本和幸(茨城大学)
       3.内田種臣(東洋大学)
       4.石本 新(東京工業大学)

懇親会(18:00〜20:00)
長坂源一郎・吉田夏彦「第5回論理学・方法論・科学哲学国際会議に出席して」のテーブルスピーチがあります。


11月16日(日)

研究発表(10:00〜12:30)
〔司会〕川野 洋(都立工科短期大学)
 1.渡辺 博(東京大学) 近世初頭における科学と言語
 2.田中 裕(東京大学) B.Russell と A.N.Whitehead ―科学と形而上学―
 3.佐藤敬三(埼玉大学) 機能論的説明とシステム論的説明
 4.藤川吉美(東京工業大学) 連続主義的真理一元論について
 5.長坂源一郎(南山大学) 科学哲学における歴史主義

理事会・大会準備委員会(12:30〜13:30)

総会(13:30〜14:00)

特別講演(14:00〜15:00)
〔司会〕伊東俊太郎(東京大学・大会準備委員長)
 経済学における物質代謝の概念―自己組織・時間・安定性について―
 玉野井芳郎(東京大学)

シンポジウム(15:15〜17:30)
〔司会〕坂本百大(青山学院大学)
 エコシステムと人間
 問題提起者 1.坂本慶一(京都大学・農学)
       2.長野 敬(自治医科大学・生物学)
       3.合田周平(電気通信大学・システム工学)
       4.沢田允茂(慶應義塾大学・哲学)


[総目次]