日本科学哲学会
第9回(昭和51年度)大会

時:11月13日(土)・14日(日)
所:大東文化大学
東京都板橋区高島平1-9-1


11月13日(土)

研究発表(9:30〜12:30)
〔司会〕川野 洋(都立工科短期大学)
 1.清川政義(金属材料技術研究所) 認識論に関する一考察―心と物質の関係から―
 2.土屋 俊(東京大学) フレーゲの Begriffsschrift の目的について
 3.須原一秀(竜谷大学) 信念文の Confirmation について
 4.飯田亘之(千葉大学工業短期大学部) 自由についての一考察
                     ―ムーアの自由意志論をめぐって―
 5.西山佑司(慶應義塾大学) 文法を「知っている」ことについて
 6.高松鶴吉(大東文化大学) 3値論理の特性に関する電算機実験

評議員会・理事会(12:30〜13:30)

特別講演(13:30〜14:30)
〔司会〕大江精三(日本大学・日本科学哲学会々長)
 人間集団の形成
 増田義郎(東京大学)

シンポジウム(14:45〜17:00)
〔司会〕沢田允茂(慶應義塾大学・大会準備委員長)
生物学と人間のモラルの問題
問題提出者 1.間瀬啓允(慶應義塾大学)
      2.浜井 修(東京大学)
      3.村上陽一郎(東京大学)
      4.鳥居正夫(長崎大学)

懇親会(18:00〜20:00)


11月14日(日)

研究発表(9:30〜12:30)
〔司会〕竹尾治一郎(関西大学)
 1.伊藤公一(東京大学) 同一性理論の図式の疑問点
 2.服部裕幸(慶應義塾大学) 殺人時間のパラドックスと行為の個別化
 3.野家敬一(南山大学) 個体と同一指定
 4.丹治信春(千葉大学) 論理と実在
 5.伊地知大介(大東文化大学) 法の科学と没価値性
 6.市川 浩(明治大学) 身体と自己

理事会・大会準備委員会(12:30〜13:30)

総会(13:30〜14:30)

シンポジウム(14:30〜17:00)
〔司会〕藤本隆志(北海道大学)
 還元主義と心身同一説
 問題提起者 1.中村秀吉(千葉大学)
       2.坂本百大(青山学院大学)
       3.長坂源一郎(南山大学)
       4.黒崎 宏(成城大学)


[総目次]