日本科学哲学会
第10回(昭和52年度)大会

時:11月19日(土)・20日(日)
所:南山大学
名古屋市昭和区山里町18


11月19日(土)

研究発表(9:30〜12:00)
〔司会〕瀬在良男(日本大学)
 1.小松原隆史(東京電子専門学校) 認識行動の機構とその主体
 2.本間 司(日本大学) K・ポパーにおける「方法の単一性」
 3.田中 裕(東京理科大学) 人間的事象の論理
 4.荒川 紘(東洋大学) 「とき」の直感と認識
 5.申 ◆雨(清洲大学) 宇宙論から人生論への思考の転換

評議員会・理事会(12:00〜13:00)

研究発表(13:00〜14:00)
 6.野家啓一(南山大学) 「言語」ゲームの射程
 7.村上陽一郎(東京大学) 自然科学と社会

特別講演(14:15〜15:15)
〔司会〕大江精三(日本大学・日本科学哲学会々長)
 現代日本語の背負うもの
 池上禎三(南山大学)

シンポジウム(15:30〜17:45)
〔司会〕坂本百大(青山学院大学)
 精神医学と心身問題
 問題提出者 1.小此木敬吾(慶應義塾大学)
       2.木村 敏(名古屋市立大学)
       3.市川 浩(明治大学)
       4.中村秀吉(千葉大学)

懇親会(18:00〜20:00)


11月20日(日)

研究発表(9:30〜12:00)
〔司会〕永井成男(東洋大学)
1.徳永賢治(関西学院大学) 規範的行為の形式的分析について
               ―カリノフスキーとリンダールを中心にして―
2.大沢秀介(早稲田大学) S2S2 のバイモダールロジックについて
3.藁谷敏晴(慶應義塾大学) 論理的排除の概念とL-完全性
4.大庭 健(東京大学) 意味論の存在論的かかわりについて
5.山本 新(東京大学) Principia Mathematica と論理主義

理事会・大会準備委員会(9:00〜12:00)

研究発表(13:00〜14:30)
 6.西脇与作(慶應義塾大学) 論理と集合の共通性
 7.須原一秀(立命館大学) 動詞“knows”の非意味論的処理
 8.内井惣七(京都大学) Port Royal の理論と文法

総会(14:30〜15:15)

シンポジウム(15:30〜17:45)
〔司会〕竹尾治一郎
 現代の言語理論
 問題提起者 1.神尾昭雄(静岡大学)
       2.西山祐司(慶應義塾大学)
       3.坂井秀寿(東京大学)
       4.石本 新(東京工業大学)


[総目次]