日本科学哲学会
第11回(昭和53年度)大会

時:10月21日(土)・22日(日)
所:山形大学教養部
山形市小白川町1-4-12


10月21日(土)

研究発表(9:30〜12:00)
〔司会〕上野義夫(広島大学)
 1.守屋唱導(東京都立大学) 指示と対象認識
 2.中谷 実(日本大学) “Thought”と“Interpretant”
              −Ogden & RichardsとCh.Morris −
 3.西林克彦(宮城教育大学) 法則の客観的成立範囲と主観的成立範囲
                ―教授=学習過程の諸問題―
 4.田中 裕(東京理科大学) 人称的様相と命題志向性
 5.野家啓一(南山大学) ストローソンの「人格論」への一視角

評議員会・理事会(12:00〜13:00)

研究発表(13:00〜14:30)
 6.荒川 紘(東洋大学) 一般相対性理論への戦略と戦術
 7.斉藤博道(日本大学) 行為の適合的説明について
 8.長坂源一郎(南山大学) 科学とキリスト教の断面

特別講演(14:45〜15:45)
〔司会〕瀬在良男(日本大学)
 哲学と教育科学―「見る」と「知る」の論理―
 手代木保(山形大学)

シンポジウム(16:00〜18:00)
〔司会〕大江精三(日本大学)
 科学と宗教と哲学
 問題提出者 1.中山正和(創造工学研究所)
       2.牧野信也(東京外国語大学)
       3.古屋安雄(国際キリスト教大学)
       4.卜部小十郎(南山大学) 

懇親会(18:30〜20:30)ホテル・オーヌマ


10月22日(日)

研究発表(9:30〜12:00)
〔司会〕竹尾治一郎(関西大学)
 1.小島雅春(早稲田大学) C.S.パースのExistentia Graphsについて
 2.小林光則        S2とその周辺の系の新しい公理化
 3.土屋 俊(東京大学) 1880年代におけるフレーゲによる『形式的算術』
              の批判について
4.渡辺 博(成蹊大学) 理論の交代について
5.村瀬克己(神奈川県立広陵高校) 排除的帰納再考―命題論理による定式化―

理事会・大会準備委員会(12:00〜13:00)

研究発表(13:00〜15:00)
7.春藤修二(南山大学) 中間命題論理の分類
8.高松鶴吉(大東文化大学) 3値様相論理系の諸定理について
9.石本 新(東京理科大学) Lesniewski存在論の様相を含む
               命題論理学的部分系について

総会(15:00〜15:30)

シンポジウム(15:45〜17:45)
〔司会〕藤本隆志(北海道大学)
 言語と非言語
 問題提起者 1.米盛裕二(琉球大学)
       2.杉原丈夫(岡山大学)
       3.黒崎 宏(成城大学)


[総目次]