日本科学哲学会
第13回(昭和55年度)大会

時:11月21日(金)・22日(土)
所:大阪市立大学田中記念館
大阪市住吉区杉本町


11月21日(金)

研究発表(9:00〜12:30)
〔司会〕神野慧一郎(大阪市立大学)
 1.小林一彦(日本大学) ホワイトヘッドの知覚論―科学哲学時代を中心として―
 2.築山邦彦(日本大学) 意識と思考の構造
 3.田中 裕(東京理科大学) プラトンのイデア説における自己述語と同一性の理論
 4.江藤 肇(筑波大学) 科学技術における問題解決志向性
 5.佐藤敬三(埼玉大学) 暗黙知の説にもとづくポラニーの科学論について
 6.申 ■雨(韓国清洲大学) 新しい粒子像
 7.速川治郎(早稲田大学) 一般科学理論と人「間」の論理

評議員会・理事会(12:30〜13:30)

総会(13:30〜14:15)

シンポジウム(14:30〜16:50)
〔司会〕黒崎 宏(成城大学)
 「心の科学」は可能か―記憶をめぐって―
 問題提出者 1.樋口伸吾(大阪大学)
       2.大森荘蔵(東京大学)

懇親会(18:00〜20:00)


11月22日(土)

研究発表(9:30〜12:30)
〔司会〕竹尾治一郎(関西大学)
 1.熊谷陽一(大阪市立大学) Diodorean Modality
 2.小林光則・石本 新(東京理科大学) 自然演繹法による様相論理の展開
 3.和田和行(早稲田大学) 様相的集合論Z5の無矛盾性について
 4.木戸正幸(立命館大学) 理論文・混合文の観察内容
 5.高松鶴吉(大東文化大学) 多値様相真理のマトリックスから見た
                関数子の性質について
 6.石本 新(東京理科大学) 三段論法の論理的展開

大会準備委員会・理事会(12:30〜13:30)

特別講演(13:30〜14:30)
〔司会〕武田弘道(大阪市立大学)
 相互作用の統一理論と宇宙論
 佐藤文隆(京都大学)

シンポジウム(14:40〜16:50)
〔司会〕藤村龍雄(東京水産大学)
 論理とは何か
 問題提起者 1.内井惣七(大阪市立大学)
       2.清水義夫(千葉工業大学)
       3.藤田晋吾(秋田大学)


[総目次]