日本科学哲学会
第14回(昭和56年度)大会

時:11月14日(土)・15日(日)
所:中央大学理工学部6号館
東京都文京区春日1-13-24


11月14日(土)

研究発表(9:00〜12:30)
 1.渡辺 忠(東京都立大学) 正当化と真理―ゲティア問題から―
 2.小松原隆史(東京電子専門学校) 感情研究の必要性
 3.中谷 実(日本大学) epiphenomenalism批判―因果関係と意味づけ関係―
 4.江藤 肇(筑波大学) ポパーの古典的社会工学と現代社会工学
 5.速川治郎(早稲田大学) 社会科学における弁証法的論理と分析的論理の対立
 6.竹尾治一郎(関西大学) パットナムの実在論
 7.小田切瑞穂(拓殖大学) 科学の悖理による文明の危機

大会準備委員会・理事会(12:30〜13:30)

特別講演会(13:30〜14:30)
〔司会〕坂本百大(青山学院大学)
 感覚と感情
 吉田正昭(中央大学)

シンポジウム(15:00〜17:30)
〔司会〕吉田夏彦(東京工業大学)
 行動の基礎
 問題提出者 1.能見義博(青山学院大学・心理学)
       2.香原志勢(立教大学 人類学)
       3.市井三郎(成蹊大学)
       4.沢田允茂(慶應義塾大学)

懇親会(18:00〜20:00) 於・中央大学理工学部構内


11月15日(日)

研究発表(9:00〜12:30)
 1.山田友幸(東京大学) J.ロックの理論的小辞
 2.大沢秀介(早稲田大学) 二次元様相論理について
 3.山口人生(東京大学) ZECのモデルの存在を主張するいくつかの命題の強弱について
 4.和田和行(早稲田大学) 事態・可能的世界・個体概念
 5.田中 裕(東京理科大学) アリストテレス分析論後書の四原因論について
 6.吉田謙二(同志社大学) 演繹的推理の役割と可能性について
 7.高松鶴吉(大東文化大学) 多値論理における二律背反欠如の意義について

評議員会・理事会(12:30〜13:30)

総会(13:30〜14:15)

シンポジウム(14:30〜17:00)
〔司会〕中村秀吉(千葉大学)
 科学哲学の展望
 問題提出者 1.野家啓一(東北大学)
       2.石本 新(東京理科大学)
       3.渡辺 博(東京大学)
       4.坂本百大(青山学院大学)


[総目次]