日本科学哲学会
第15回(昭和57年度)大会

時:11月13日(土)・14日(日)
所:日本大学会館(904会議室)
東京都千代田区九段南4丁目8-24


11月13日(土)

研究発表(9:00〜12:30)
 1.菅原道明(法政大学) 心理学の客観性はいかにして可能か
 2.市川 功(専修大学) ピアジュにおける「認識」と「知慧」について
 3.信原幸弘(東京大学) 他人との一致について
 4.佐野正博(東京大学) 共約不可能性について
 5.三箇文夫(日本大学) 三浦梅園の自然認識について―存在論的領域から
              論理的領域へ―
 6.岩井一二(横浜電子計算センター) 意味の aliasing
 7.長坂源一郎(南山大学) 分子生物学と生命の概念

評議員会・理事会(12:30〜13:30)

総会(13:30〜14:15)

シンポジウム(14:30〜17:30)
〔司会〕藤本隆志(東京大学)
 科学論におけるアナーキズムをめぐって
 問題提出者 1.村上陽一郎(東京大学)
       2.竹尾治一郎(関西大学)
       3.沢田允茂(慶應義塾大学)

懇親会(18:00〜20:00) 於・日本大学会館食堂(地下一階)


11月14日(日)

研究発表(9:00〜12:00)
 1.中戸川孝治(筑波大学) フレーゲの関数とカントールの集合
 2.神山和好(筑波大学) 帰納の問題と決定理論
 3.松本洋之(大阪大学) 『論理哲学論考』における意味の言語内在性の主張について
 4.和田和行(早稲田大学) 完全個体概念について
 5.田中 裕(東京理科大学) アリストテレスの範疇論と超越論
 6.高松鶴吉(大東文化大学) 価値観の多様性と多重値論理

大会準備委員会・理事会(12:00〜13:00)

シンポジウム(13:00〜16:00)
〔司会〕川野 洋(東京都立工科短期大学)
 認知科学と認識論
 問題提出者 1.溝口文雄(東京理科大学)
       2.佐伯 胖(東京大学)
       3.黒崎 宏(成城大学)


[総目次]