日本科学哲学会
第17回(昭和59年度)大会

時:11月24日(土)・25日(日)
所:日本大学会館(801会議室)
東京都千代田区九段南4丁目8-24


11月24日(土)

研究発表(10:00〜12:00)
 1.信原幸弘(国学院大学) 志向性と背景
 2.大沢秀介(武蔵野美術大学) セミオーシスとしての志向性
 3.小林光則(芝浦工業大学) レスニェウスキー存在論の命題論理的部分系の完全性
 4.石本 新(東京理科大学) レスニェウスキー存在論における一階の部分系について

評議員会(12:00〜13:00) 

総会(13:00〜13:30) 

特別講演(13:30〜14:30)
〔司会〕藤本隆志(東京大学)
 Richard S.Robin(Mount Holyoke College)
 “Dominant Moves in American Philosophy”―Some Reflections on the Current Status of Peirce's Philosophy of Science”

シンポジウム(14:40〜17:40)
〔司会〕沢田允茂(慶應義塾大学) 
 “Intentionality”をめぐって
 問題提出者 1.土屋 俊(千葉大学)
       2.野家啓一(東北大学)
       3.黒田 亘(東京大学)

懇親会(18:00〜20:00) 於・802会議室


11月25日(日)

研究発表(9:30〜12:00)
 1.井上茂雄(東京理科大学) New Type Cut Elimination Theorem and its
                Application to Embbeding Theorem in S.
 2.金井範夫(東京理科大学) ブレンターノ式三段論法のゲンツェン式定式化について
 3.鍵和田圭二(東京理科大学) 三段論法の自然演繹法による定式化
 4.柴田正良(名古屋大学) ラッセルの確定記述論について
 5.高松鶴吉(大東文化大学) ファジィ論理とファジィ値の解釈

大会準備委員会・理事会(12:00〜12:50) 

研究発表(12:50〜13:50)
 6.西脇与作(慶應義塾大学) 適応の二側面
 7.大村敏輔(九州大学) 認知心理学における物と心の意味について

シンポジウム(14:00〜17:00)
〔司会〕伊東俊太郎(東京大学)
 科学的アプローチと倫理
 問題提出者 1.加藤尚武(千葉大学)
       2.池田善明(神戸学院大学)
       3.坂本百大(青山学院大学)


[総目次]