日本科学哲学会
第18回(昭和60年度)大会

時:11月15日(金)・16日(土)
所:日本大学会館(904会議室)
東京都千代田区九段南4丁目8-24


11月15日(金)

研究発表(10:00〜12:00)
 1.鍵和田圭二(東京理科大学) アリストテレスの三段論法とその部分系
 2.金井範夫(東京理科大学) ブレンターノ式三段論法における公理的拒否
 3.和田和行(武蔵野美術大学) 意味論的パラドックスと様相倫理
 4.高松鶴吉(大東文化大学) 義務様相 Forbidden および Right の特性について

評議員会(12:00〜13:00)

総会(13:00〜13:30)

特別発表(13:30〜14:30)
 5.佐々木周(北海道教育大学) データベース・マネージメントシステムの問題点
 6.小田切瑞穂(拓殖大学) 従来の科学はどこまで「学」か

シンポジウム(2:40〜5:40)
〔司会〕村上陽一郎(東京大学)
 “ニュー・サイエンス”は新しい科学か
 問題提出者 内井惣七(大阪市立大学)
       吉福伸逸
       渡辺 博(中央大学)

懇親会(18:00〜20:00)於・地下食堂ホール


11月16日(土)

研究発表(10:00〜12:30)
 1.古田智久(日本大学) “analytic”の規定について
 2.戸山田和久(東京大学) ウィトゲンシュタインと数学の哲学
 3.大杉佳弘(東京大学) パースの判断論
 4.井上茂雄       A Syntactic Proof of Craig's Interpolation Theorem
 5.石本 新(東京理科大学) Lukasiewicz-Slupecki 式古典命題論理における
                消去定理について

大会準備委員会・理事会(12:30〜13:50)

シンポジウム(14:00〜17:00)
〔司会〕土屋 俊(千葉大学)
 言語理解とは何か
 問題提出者 田中穂積(東京工業大学)
       野本和幸(北海道大学)
       藤本隆志(東京大学)


[総目次]