日本科学哲学会
第19回(昭和61年度)大会

時:11月22日(土)・23日(日)
所:東北大学文学部(文教大講義室)
仙台市川内


11月22日(土)

研究発表(10:00〜12:00)
 1.金井範夫(東京理科大学) アリストテレス式三段論法の完全性について
 2.石本新・清水智(いわき短期大学) 単称三段論法の定式化
 3.卜部小十郎(南山大学) ポテンシャル Wとアクチュアル W
 4.高松鶴吉(大東文化大学) メンバーシップ関数とヴェーグネス関数

理事会・評議員会・大会実行委員会(12:00〜13:00)

総会(13:00〜13:30)

特別報告(13:30〜14:30)
 中国論理学界の現況―訪中報告―
 坂本百大(青山学院大学)

シンポジウム(14:30〜17:30)
〔司会〕沢田允茂(慶應義塾大学)
 コンピュータは意識をもちうるか
 問題提出者 川野 洋(東京都立科学技術大学)
       山田友幸(信州大学)
       小林道夫(大阪市立大学)

懇親会(18:00〜20:00)於・シティホテル(青葉通り)


11月23日(日)

研究発表(10:00〜12:30)
 1.与那嶺勝弥(日本大学)N.グッドマンの「帰納の新しい謎」の問題点
 2.蔭山泰之(東京大学) 科学における規範的議論
 3.松川俊夫(東北大学) De Se Attitude と Indexial
 4.柴田正良(中部大学) 語用論的視点からの本質主義
 5.飯田 隆(熊本大学) フレーゲと分析的存在命題の謎

理事会・大会実行委員会・編集委員会(12:30〜13:50)

シンポジウム(14:00〜17:00)
〔司会〕内井惣七(大阪市立大学)
 科学とメタファー
 問題提出者 高田紀代志(宮城学院女子大学)
       西脇与作(慶應義塾大学)
       伊藤邦武(神戸大学)


[総目次]