日本科学哲学会
第20回(昭和62年度)大会

時:11月7日(土)・8日(日)
所:上智大学7号館
東京都千代田区紀尾井町7-1


11月7日(土)

研究発表(10:00〜12:05)
〔司会〕竹尾治一郎(関西大学)・服部裕幸(愛知教育大学)
 1.金井範夫(東京理科大学) アリストテレス式三段論法の可算モデルによる特徴づけ
 2.清水智・石本新(いわき短期大学) レスニェウスキー存在論における
                    1階部分系について
 3.石本 新(いわき短期大学) レスニェウスキー存在論における確定記述について
 4.高松鶴吉(大東文化大学) 規範論理における厳密な証明法
 5.卜部小十郎(南山大学) 「広がり」と「点」

理事会・評議員会・大会実行委員会(12:10〜13:00)

総会(13:00〜13:30)

特別講演(13:30〜14:30)
 “ビックバン以前”について
 柳瀬睦男(上智大学)

シンポジウム(14:45〜17:45)
〔司会〕神野慧一郎(大阪市立大学)
 言語の起源
 問題提出者 沢田允茂(慶應義塾大学)
       北原 隆(上智大学)
       渡部昇一(上智大学)

懇親会(18:00〜20:00)


11月8日(日)

研究発表(10:00〜12:30)
〔司会〕野家啓一(東北大学)・野本和幸(北海道大学)
1.古田智久(日本大学) N.Chomsky,‘Quine's Empirical Assumption’について
2.宮館 恵(慶應義塾大学) 解釈と行為の説明における寛容の原則
3.与那嶺勝弥(日本大学) グルー化(gruification)の実在論
4.吉田伸夫(東京大学) 何が時間を流れさせるか
5.出口 弘(福島大学) 南方熊楠の自然哲学とシステム観
6.湧井秀雄(世界共生運動普及会) 生物哲学および生物史観について

理事会・大会実行委員会・編集委員会(12:30〜13:30)

シンポジウム(13:45〜16:45)
〔司会〕寺中平治(聖心女子大学)
「私」の同一性
 問題提出者 坂本百大(青山学院大学)
       藤沢賢一郎(東京経済大学)
       酒田英夫(日本大学)


[総目次]