日本科学哲学会
第21回(昭和63年度)大会

時:11月19日(土)・20日(日)
所:近畿大学工学部
広島県呉市広古新開5-1-3


11月19日(土)

研究発表(10:00〜12:30)
〔司会〕岡 昌宏(広島修道大学)・竹尾治一郎(関西大学)
 1.松川俊夫(東北大学) ゲチア問題と「標準名」理論
 2.西山佑司(慶應義塾大学) 記述句の述語的用法について
 3.沢村 一(富士通国際情報社会科学研究所) 
               汎用論証支援システム EUODHILOS の哲学的側面
 4.卜部小十郎(南山大学) 実数と点―非完結の完結
 5.高松鶴吉(大東文化大学) 3値論理におけるトートロジーについて

理事会・評議員会・大会実行委員会(12:30〜13:30)

総会(13:30〜14:00)

特別講演(14:00〜15:00)
 先端科学技術の現状―日本における問題点―
 石井威望(東京大学)

シンポジウム(15:15〜17:45)
〔司会〕坂本百大(青山学院大学)
 科学技術と現代社会
 問題提出者 合田周平(電気通信大学)
       西脇与作(慶應義塾大学)
       吉村 融(埼玉大学)

懇親会(18:00〜20:00)


11月20日(日)

研究発表(9:30〜12:40)
〔司会〕服部裕幸(愛知教育大学)・速川治郎(早稲田大学)
 1.兵藤宗吉(中央大学) 認知心理学の方法と問題
 2.稲垣久和(東京基督教短期大学) 実在の構造
 3.吉田伸夫(東京大学) 量子力学の基礎理論を構想する
 4.斉藤 隆(日本大学) 境界設定について
 5.横山輝雄(南山大学) 科学社会学の科学性について
 6.大村敏輔(九州大学) 無意識推理と情報処理
 7.奥 雅博(大阪大学) 「アスペクト盲」には何が出来ないか

理事会・大会実行委員会・編集委員会(12:40〜13:40)

シンポジウム(13:40〜16:45)
〔司会〕長坂源一郎(南山大学)
 科学における経験と実在
 問題提出者 黒崎 宏(成城大学)
       美濃 正(京都大学)
       久保礼次郎(広島大学)
       渡辺 博(中央大学)


[総目次]