日本科学哲学会
第25回(平成4年度)大会

時:11月14日(土)・15日(日)
所:九州共立大学(自由ヶ丘会館)
福岡県北九州市八幡区自由ヶ丘1-8


11月14日(土)

研究発表(9:30〜12:00)
《A会場》
〔司会〕服部裕幸(南山大学)・奥 雅博(大阪大学)
 1.松王政浩(京都大学) ライプニッツ哲学における「実無限」概念の意味
              〜カントールの実無限分析を手掛りに〜
 2.柏端達也(大阪大学) 単なるケンブリッジ変化と“関係的出来事”、
              および関係的な記述について
 3.古田智久(日本大学) 根源的翻訳と根源的解釈
 4.齊藤了文(大阪体育大学) 工学的知識の特質
 5.中山康雄(大阪大学) 反実在論的モデルと実在論的モデル

《B会場》
〔司会〕伊藤邦武(京都大学)・飯田 隆(千葉大学)
 1.根田隆平(東京大学) 機能・現象・意味
              ―ベルクソン実証的形而上学の方法的特質と生命―
 2.小田桐忍(早稲田大学) ファイヒンガーのフィクション
               ―純粋法学の哲学的背景に関する一考察―
 3.保田道雄(東海大学) 社会科学は科学と言えるか
 4.大村敏輔(九州大学) 本能概念の論理的分析 ―平行論と同一説との関連において―
 5.川野 洋(長野大学) 表現から構成へ

理事会・評議員会・大会実行委員会(12:00〜13:30)

総会(13:30〜14:00)

特別講演(14:00〜15:00)
〔司会〕神野慧一郎(大阪市立大学)
 沢田允茂(慶應義塾大学)科学的思考と倫理的思考

シンポジウム(15:15〜17:45)
〔司会〕藤川吉美(九州共立大学)
 経済学と倫理学との接点
 提題者 藪田雅弘(福岡大学)
     細江守紀(九州大学)
     北原真木(九州共立大学)
     有吉範敏(九州共立大学)

懇親会(18:00〜20:00)(於・自由ヶ丘会館)


11月15日(日)

ワークショップ(I)(9:30〜12:00)
〔司会〕小林道夫(大阪市立大学)
 科学的説明について
 提題者 中釜浩一(大阪学院大学)
     横山輝雄(南山大学)
     熊谷陽一(信州大学)

理事会・大会実行委員会・編集委員会(12:00〜13:20)

ワークショップ(II)(13:30〜16:00)
〔司会〕坂本百大(青山学院大学)
 論理実証主義とは何であったのか
 提題者 竹尾治一郎(関西大学)
     寺中平治(聖心女子大学)
     土屋盛茂(香川大学)


[総目次]