日本科学哲学会
第29回(1996年度)大会

期日:11月16日(土)・17日(日)
会場:香川大学(教育学部3・4号棟)
香川県高松市幸町1番1号


11月16日(土)

研究発表(10:00〜12:00)
《A会場》 〔司会〕美濃 正(大阪市立大学)・西脇与作(慶應義塾大学)
 1.石井雅史(東京都立大学) <生活形式の一致>と<規範性>
 2.中川維子(お茶の水女子大学) 心を個別化する原理としての individualism
 3.篠原成彦(専修大学) “広域化”したフォーダー
 4.坂本百大(日本大学) 「人工進化」の概念と新しい生命哲学の可能性

《B会場》〔司会〕藤本隆志(千葉大学)・内井惣七(京都大学)
 1.長沼 淳(東京都立大学) 「対象自体X」と「ファイル」
                  ―フッサールとペリーが見たもの―
 2.中村正利(筑波大学) 指示の不可測性は私自身の言語においても成り立つか
 3.加地大介(埼玉大学) 部分論理と時間様相
 4.清水義夫(千葉工業大学) adjunction 小考

理事会・評議員会・大会実行委員会(12:00〜13:30)

総会(13:30〜14:00)

特別講演(14:00〜15:00)
〔司会〕坂本百大(日本大学)
「分類学の方法」
 金子之史(香川大学)

シンポジウム(15:15〜17:45)
〔司会〕渡辺博(中央大学)
「近代における科学と哲学」
 提題者 伊藤和行(京都大学)、佐々木力(東京大学)、田村均(名古屋大学)
     松王政浩(京都大学)

懇親会(18:00〜20:00)(香川大学大学会館)


11月17日(日)

ワークショップ(10:00〜12:00)
《A会場》 
 ワークショップ I:ポパーと論理実証主義
 オーガナイザ:神野慧一郎(摂南大学)
 提題者 奥雅博(大阪大学)、小河原誠(鹿児島大学)、土屋盛茂(香川大学)

理事会・編集委員会・大会実行委員会(12:00〜13:20)

研究発表(13:30〜14:30)
《A会場》〔司会〕伊藤邦武(京都大学)
 1.井澤清一(東北大学) 信念形成を司る認識機構が正常に機能することは
              信念が保証を持つための必要条件か
 2.鬼界彰夫(筑波大学) ムーア的確実性の意味 『確実性について』に関する一考察

《B会場》 〔司会〕金子洋之(専修大学)
 1.三平正明(東京都立大学) 抽象的単称名辞の指示について
 2.卜部小十郎(南山大学) Nの<無限部分集合>全体の形成する連続体について

ワークショップ(14:40〜16:40)
《A会場》
 ワークショップ II:ヒュームと心の哲学
 オーガナイザ:中才敏郎(大阪市立大学)
 提題者 石川徹(香川大学)、伊勢俊彦(立命館大学)、井上治子(札幌大学)
     真船えり(東京都立板橋看護専門学校)


[総目次]