日本科学哲学会
第30回(1997年度)大会

期日:11月15日(土)・16日(日)
会場:千葉大学(けやき会館)
千葉県千葉市稲毛区弥生町1-33


11月15日(土)

研究発表(10:00〜12:00)
《A会場》 〔司会〕山田友幸(北海道大学)
 1.前田高弘(大阪大学大学院) 視覚に関する外在主義
 2.太田雅子(お茶の水女子大学大学院) 付随性(supervenience)と因果的還元主義
 3.丸田健(大阪大学大学院) 主観的確信と真理 ―ヴィトゲンシュタイン哲学を通して―
 4.神山和好(茨城工業高等専門学校) 共有知識について

《B会場》〔司会〕丹治信春(東京都立大学)
 1.宇野光範(筑波大学大学院) 心と機械 ―不完全性定理の哲学的含意―
 2.松本俊吉(東海大学) パトナムの<内在的実在論>の可能性
 3.塩谷賢(東京大学大学院) 出来事の背景という考え方について
 4.保田道雄(科学教育研究所) 自然科学的理論形成における定義の役割

理事会・評議員会・大会実行委員会(12:00〜13:30)

総会(13:00〜13:45)

特別講演(13:45-14:45)
 〔司会〕坂本百大(日本大学)
 『私の生物学』
 丸山工作(千葉大学)

シンポジウム(15:00-17:30)
「生物学的説明」
 〔司会〕横山輝雄(南山大学)
 提題者:西脇与作(慶応義塾大学)、渡辺茂(慶應義塾大学)、N.Sesardic(宮崎国際大学)
 コメンテーター:丸山工作(千葉大学)

懇親会 会場 けやき会館(17:30-19:30)


11月17日(日)

ワークショップ(10:00〜12:00)
ワークショップ I:
「科学的発見のメカニズムの解明に向けて―心理学、計算機科学からの提言―」
 オーガナイザー:田村均(名古屋大学)
 提題者:岡田猛(名古屋大学)、戸田山和久(名古屋大学)、三輪和久(名古屋大学)

ワークショップ II:「日本の<科学哲学>30年」
 オーガナイザー:土屋俊(千葉大学)
 提題者:飯田隆(千葉大学)、奥雅博(大阪大学)、小林道夫(大阪市立大学)

理事会・編集委員会・大会実行委員会(12:00〜13:20)

研究発表(13:30〜14:30)
《A会場》〔司会〕小川 d(千葉大学)
 1.伊藤邦武(京都大学) ケインズの科学方法論
 2.川野洋(東京都立科学技術大学) 引用と注釈―ミンスキー「心社会」論の一含意― 

《B会場》〔司会〕竹尾治一郎(関西大学)
 1.村田全(立教大学) 数学者カントルのスピノーザ解釈
 2.卜部小十郎(南山大学) 数学的理性批判と連続体問題

ワークショップ(14:40〜16:40)
《A会場》
 ワークショップ III:「21世紀の論理学−その展望と課題−」
 オーガナイザー:岡田光弘(慶応義塾大学)
 提題者:岡田光弘(慶応義塾大学)、佐藤雅彦(京都大学)、M.Kanovitch(モスクワ国立人文大学)、A.Scedrov(ペンシルバニア大学)

ワークショップIV:「社会的認識論をめぐって」
 オーガナイザー:金森修(東京水産大学)、木原英逸(国士館大学)
 提題者:金森修(東京水産大学)、木原英逸(国士館大学)、小林傳司(南山大学)、平川秀幸(国際基督教大学)


[総目次]