日本科学哲学会第39回(2006年)大会

 

期日:1021()22()

場所:北海道大学・札幌キャンパス

札幌市北区北10条西7丁目

交通案内:JR札幌駅北口徒歩5分(新千歳空港からJR快速エアポートで約40分)



プ ロ グ ラ ム

 

1021日(土)

 

研究発表

 

A会場》(9:30-12:00)

司会:信原幸弘(東京大学)(1-2)、高橋要(八戸工業高等専門学校)(3-5

1.竹内聖一(関東学院大学)          観察によらない知識と一致の向き

2.早川正祐(東京大学)                 欲求の権威性と自己知の動的側面

3.島村修平(東京大学)                 自己知の問題と「外延−決定的アプローチ」

4.小草泰(大阪市立大学)             知覚の志向説と選言説

5.大谷弘(東京大学)                    パトナムのゲーデル的論証

 

《B会場》(9:30-12:00)

司会:飯田隆(慶應義塾大学)(1-2)、3-5:松阪陽一(首都大学東京)(3-5

1.中島孝一(北海道大学)             規則と実践

2.川崎誠(専修大学)                    『草稿1914-1916』を如何に読むか

3.有馬斉(ニューヨーク州立大学)  事実の発見と直観

4.渋谷仙吉(人間自然学研究所)   仏法の理性とカントの理性の比較考察

5.吉田敬                                      民主主義と科学哲学―ミラウスキーの挑戦

 

C会場》(10:00-12:00)

司会:中川大(北海道教育大学)(1-2)、金子洋之(専修大学)(3-4

1.下嶋篤(同志社大学)                 平行抽象による意味

2.Stijn De Saegerステイン デ サーガ(北陸先端科学技術大学院大学)

                                                     Contextual Reasoning in Channel Theory

3.竹村亮(慶應義塾大学)             二つのゲーム意味論の式計算的分析

4.中山康雄(大阪大学)                 言語行為の埋め込みの志向性変更モデルによる分析

 

理事会・評議員会・大会実行委員会(12:00-13:15)

 

総会(13:15-13:45)

 

特別講演(13:45-14:45)

講演者:中垣俊之(北海道大学助教授・北海道大学電子科学研究所/北海道大学創成科学研究機構)

講演題目:非線形動力学から見たアメーバの性質

司会者:丹治信春(首都大学東京)

 

シンポジウム(15:00-17:30)

「現代数学の論理的・哲学的基底」

提題者:田中一之(東北大学)、石原哉(北陸先端科学技術大学院)、岡本賢吾(首都大学東京)

司会者:竹内泉(産業総合技術研究所)

 

懇親会18:00-20:00) 会費:5000円、会場:札幌キャンパス内生協食堂

 

 

1022()

 

研究発表(9:45-12:15)

 

A会場》

司会:石垣壽郎(立正大学)(1-2)、一ノ瀬正樹(東京大学)(3-5)

1.内井惣七                                                モナドロジーの情報論的解釈

2.吉満昭宏(名古屋大学)                           関連論理をいかに救うか    

3.太田宏平(東京都立大学)                        相互作用に基づいた命題概念

4.崔昌鳳 チェ チャンボン(北海道大学)            スリングショットと事実    

5.藤川直也(京都大学)                               思考における固有名のはたらき:

固有名の理解に関するエヴァンズ説の批判的検討

 

B会場》

司会:佐藤徹郎(新潟大学)(1-2)、戸田山和久(名古屋大学)(3-5

1.麻生尚志(北海道大学)             認識論の自然化と科学方法論  

2.原田雅樹(関西学院大学)          物理学における「局所性」概念の明確化と物理理論の「理解」

3.槙原千尋(京都大学)                 フィールドの真理論      

4.二瓶真理子(東北大学)             「意味論的な理論の見方」と真理らしさ

5.太田紘史(京都大学)                 写像的還元モデルと還元-消去連続体

 

C会場》

司会:美濃正(大阪市立大学)(1-2)、西脇与作(慶應義塾大学)(3-5

1.金子裕介(東京大学)   確率としての信念       

2.植原亮(東京大学)      人間知識の独自性と外在主義  

3.田中泉吏(京都大学)   集団選択による説明とその意味

4.中尾央(京都大学)      共感能力の進化について    

5.伊藤孝                        カルナップの物理主義     

 

理事会・編集委員会・大会実行委員会(12:15-13:30)

 

特別講演(13:30-14:30)

講演者:Cho, In-RaeProfessor, Department of Philosophy, Seoul National University

Korean Society of Philosophy of Science会長)

講演題目:"The Normativity Problem in Naturalizing Philosophy of Science"

司会者:野本和幸(創価大学)

 

ワークショップ(14:45-17:00)

 

A会場》

  T.経験科学としての言語学を目指して

    オーガナイザ・提題者:上山あゆみ(九州大学)

    提題者:Hoji, Hajime〔傍士元〕(南カリフォルニア大学)、峯島宏次(慶応大学大学院)

B会場》

  U.生物学の哲学の現状と展望

    オーガナイザ:松本俊吉(東海大学)

    提題者:森元良太(慶応大学)、大塚淳(京都大学)、三中信宏(農業環境技術研究所/東京大学)

C会場》

  V.認識論理および信念論理の最前線

    オーガナイザ・提題者:鈴木聡(駒澤大学)

    提題者:金子守(筑波大学)、長田怜(東京大学)

D会場》

  W.ウィトゲンシュタイン:その生と思想から受け取りうるもの

    オーガナイザ:関口浩喜(福岡大学)

    提題者:鬼界彰夫(筑波大学)、星川啓慈(大正大学)、丸田健(大阪大学)

 


大会プログラム一覧
Back to PSSJ Home Page