日本科学哲学会第40回(2007年)大会

シンポジウム・ワークショップの資料


 

※青色になっている人名や文字をクリックしていただくと、提題者・司会者・オーガナイザ各位から事務局の方へご送付いただいた資料(PDFファイル)をご覧いただけます。

※PDFファイルの閲覧・印刷には、Adobe社のAcrobat Readerというソフトが必要です。
お持ちでない方は、こちらからダウンロードしてください→

 

 

シンポジウム「論理学における動的転回(The Dynamic Turn in Logic)」
(11月10日開催)

 

  司会者:山田友幸(北海道大学)

  提題者:岡田光弘(慶應義塾大学)、中戸川孝治(北海道大学)、
鈴木聡(駒澤大学)、山田友幸(北海道大学) 1 2

 

 

ワークショップ(11月11日開催)

 

T.認知の神経科学的基礎に関する哲学的研究

    オーガナイザ:河野哲也(玉川大学)
    提題者:蟹池陽一(UTCP)、中澤栄輔(東京大学)、原塑(東京大学)

 

U.非合理性とは何か―自己と他者、そして行為と戦略
    オーガナイザ:柏端達也(千葉大学)

    提題者:浅野光紀(慶應義塾大学)、塩野直之(福井県立大学)、三好潤一郎(関東学院大学)

 

V.感情の自然化はいかなる意味で可能か?

    オーガナイザ:柴田正良(金沢大学)
    提題者:伊藤春樹(東北学院大学)、月本洋(東京電機大学)、
        長滝祥司(中京大学)、大平英樹(名古屋大学・心理学)

 

W.双対性から論理と計算を捉え直す―領域理論から量子計算、相互作用の幾何まで

    オーガナイザ:岡本賢吾(首都大学東京)
    提題者:土谷岳士(東京都立大学)、渡部鉄兵(東京工業大学)、
        矢田部俊介(産業技術総合研究所)、岩本敦(麗澤大学)

 


大会プログラム一覧
Back to PSSJ Home Page