日本科学哲学会第47回(2014年)大会_研究発表要旨


11月15日A会場

  1. 生 田 隆 芳(京都大学):「『論理哲学論考』のパラドックスにおける非決然的解釈の優位性
  2. 浅 野 将 秀(首都大学東京):「『論理哲学論考』における写像理論について
  3. 菅 崎 香 乃(筑波大学):「『哲学探究』における「心理的雰囲気」―ウィトゲンシュタインの「心理(学)」概念の系譜的観点から―
  4. 井 原 奉 明(昭和女子大学):「 複数事態把握とアスペクト盲の問題
  5. 重 田   謙(長岡技術科学大学):「独我論は論駁されたのか ̶意味の実在論と反実在論との対立の帰趨―

11月15日B会場

  1. 鈴 木 雄 大(日本学術振興会・専修大学):「行為すべき理由は欲求に基づくか
  2. 鴻   浩 介(東京大学):「規範性問題と実践的合理性
  3. 蝶 名 林 亮:「自然主義的道徳実在論:説明的論証擁護のための二つの戦略
  4. 飯 島 浩 之 介(名古屋大学):「自然主義的リバタリアニズムに望みはないのか
  5. 鈴 木 生 郎(慶應義塾大学):「同一性の基準と単純説

11月15日C会場

  1. 和 泉   悠(大阪大学):「Propositions as Mental Event Types
  2. 秀 瀬 真 輔(国立精神・神経医療研究センター):「精神医学の科学性について
  3. 大 橋 雄 太 郎:「意識を物理的に理解するとはどういうことか(ニコラス・ハンフリーの物理主義とともに)
  4. 加 戸 友 佳 子(神戸大学):「科学的認識における客観と主観―マルクス学位論文を題材として―
  5. 高 田 敦 史:「ストーリーはどのような存在者なのか

11月16日A会場

  1. 竹 下   至(中京大学):「目的意味論の擁護と因果説批判
  2. 勝 亦 佑 磨(東京大学):「行動と表象―ドレツキ行動論の再検討
  3. 信 原 幸 弘(東京大学):「将来自己の表象

11月16日B会場

  1. 木 田 翔 一(千葉大学):「認識的二次元意味論と概念変化
  2. 加 納 寛 之(大阪大学) :「社会認識論におけるGap Argument の検討
  3. 笠 木 雅 史(日本学術振興会・京都大学):「哲学理論の正当化とは何か

11月16日C会場

  1. 大 西 琢 朗(日本学術振興会・首都大学東京):「様相演算子としての否定
  2. 後 藤 英 樹(東洋大学):「結び目の哲学
  3. 鈴 木   聡(駒澤大学):「現象的ソリテス・パラドクスとGoodman の順序理論の測定理論的分析

11月16日D会場

  1. 中 山 康 雄(大阪大学):「生物の存在論と人工物の存在論
  2. 石 田 知 子(慶應義塾大学):「メタファーとメカニズム的説明の関係について―分子生物学における情報概念の考察から―
  3. 福 井 誠 人(慶應義塾大学):「量子力学創設期における実在をめぐる論争―アインシュタインとボーアの議論から―

大会プログラム一覧
Back to PSSJ Home Page