1巻(1961年)

タイトル

執筆者及び訳者

発刊の言葉

篠原 雄

1

科学哲学の新しい課題―規範倫理学の科学化―

永井成男

2

唯物弁証法の本性について

黒崎 宏

7

科学哲学のあり方について

石本 新

12

いずみの流れ―ライプニッツ、ロック、ホッブス―

植田清次

13

近代科学と日本

大江精三

16

第5回(昭和36年度)科学哲学大会研究発表およびシンポジウム問題提出要旨

18

批判・討論

永井成男氏の哲学主義について

斎藤晢郎

53

世界の哲学

カルナップの印象

坂本百大

55

現代アメリカ倫理学の展望

小泉 仰

57

アメリカにおける科学的な価値研究の動向

藤本隆志

60

ソヴィエト見聞―科学アカデミーのことについて―

三枝博音

63

書評

A.N.Prior; Time and Modality

杉原丈夫

65

植田清次; プラグマティズムの基礎的研究

福鎌達夫

70

学界展望

73

第4回(昭和35年度)科学哲学大会記録

73

[総目次]