3巻(1963年)

タイトル

執筆者及び訳者

巻頭のことば

植田清次

論説

序列真理函数―時間を含む論理学―第2報

杉原丈夫

1

言語と存在論

藤村竜雄

3

説明・予測・確証の同型性について

黒崎 宏

13

存在仮定のない論理学―Principia Mathematica の体系から存在仮定を除く試み―

永井成男

21

行為の説明について

福鎌達夫

31

批判・討論

確実性と経験命題

斎藤晢郎

44

篠原雄氏の「一般行動論」を再批判して、人間行動の基礎構造の諸特殊性の問題に及ぶ

大江精三

46

世界の学界

ポーランドにおける数学基礎論の現状

佐伯秀光

49

イギリス哲学界の最近の傾向

石黒英子

58

書評

永井博; 数理の存在論的基礎

大出 晁

62

学界展望

第7回(昭和38年度)科学哲学大会研究発表・シンポジウム問題提出および特別講演要旨

69

[総目次]