第1回(昭和32年度)科学哲学大会プログラム

時:昭和32年11月2〜3日
所:早稲田大学
東京都新宿区戸塚町

主催
科学基礎論学会、アメリカ哲学研究会、科学論理学会
後援
日本哲学会
(入場者から大会会費として50円いただきます)


11月2日

研究発表(1人20分―質疑討論10分)
 第1部 (科学哲学一般、科学的認識論、価値論等) 会場 大学院講堂
 9:00 から
 1.大滝 武  科学哲学の位置方向―意味と価値
 2.飯野紀元  科学と哲学の交互浸透
 3.植田清次  諸科学の統一についての一二の史実
 4.篠原 雄  一般行動論における共軛系の概念について
 5.今田竹千代 近代科学の方法
 6.大森荘蔵  機械と人間

 13:00 から
 7.上田大助  物理学的実在の実在性
 8.市井三郎  Popper の社会工学概念について
 9.高木勘弌  自然科学と社会科学に関する一問題
 10.相場 均  精神と身体との間に横たわる諸問題
 11.大江精三  Piaget, Epistemologie genetique について
 12.白石早出雄 経験の意味について
 13.千田保治  物理的世界像の捷径的統一とその意義方向
 15.小河原田  自然の論理的構造
 14.堀 一郎  物理的空間の一考察

 第2部(論理学、数学基礎論、言語論等) 会場 図書館教室
 9:00 から
 1.桜田俊雄  虚数に対する基礎的考察
 2.前原昭二  数学基礎論に関する研究
 3.石本 新  公理的集合論における Skolem-Low-enheim の定理と
         その拡張について
 4.卜部小十郎 Realism and Nominalism Revisited
 5.冨川 滋  Semantic Information に関して

 13:00 から
 6.坂本百大  言語分析と Type Theory
 7.五十嵐延雄 記号論理と近代芸術の一様相
 8.塩屋竹男  分析哲学における倫理説の批判
 9.永井成男  分析哲学と論理学との関係について
 10.澤田允茂  あるものを否定するということ
 11.古田 光  論理学と反映論
 12.竹尾治一郎 事実と命題
 13.武田弘道  身-心問題―その言語分析


11月3日

講演(9:00〜12:00)聴講自由 会場 大学院講堂
 1.高木純一(早稲田大学第一理工学部長) 科学と技術
 2.伊藤 誠(九州大学教授) 人工頭脳と記号論理学

シンポジウム(13:00〜17:00)参加自由 会場 大学院会議室
〔司会〕坂崎 侃
 1.言語分析の意義
 出題者 永井成男、沢田允茂、石本 新

〔司会〕白石早出雄
 2.形而上学の可能性
 出題者 大森荘蔵、市井三郎、伊東俊太郎

懇親会(18:00〜20:00) 会場 大学院会議室


[総目次]