第2回(昭和33年度)科学哲学大会プログラム

時:昭和33年11月2〜3日
所:東京大学教養学部
東京都渋谷区駒場

主催
科学基礎論学会、アメリカ哲学研究会、科学論理学会
後援
日本哲学会
(入場者から大会会費として50円いただきます)


11月2日(日)

研究発表(並びに質疑討論)
 第1部(科学哲学一般、科学論、価値論) 会場 第1会場
 午前の部(9:00〜12:00)
 1.大谷宗司  Psi の世界における論理
   岡田春生  ―特に予知 Precognition の問題について―
 2.田崎正治  科学の根本に関する考察
 3.朝倉哲夫  二つの社会科学遅滞論
 4.加藤八千代 科学社会学の課題について
 5.大森恭輔  物質界の中の生物と知識界の中の科学
 6.上田大助  因果律について

 午後の部(13:00〜18:00)

 7.勝木寿一  弁証法と化学
 8.千田保治  時空に附帯する生起理論の介入形成
 9.小河原田  物理的自然と真空概念
 10.堀 一郎  物理的実在と空間
 11.篠原 雄  一般行動論的共軛系の性質について
 12.上野 明  認識の場における循環系の理論
 13.永井成男  価値命題の真理と検証の問題―情緒主義の克服―
 14.小泉 仰  行為について
 15.小川 弘  労働価値説について
 16.福鎌達夫  「選ぶ」と「決める」について

 第2部(記号論理学、数学基礎論、言語分析) 会場 第2会場
 午前の部(9:00〜12:00)
 1.池浦定彦  Creative sets and undecidable systems
 2.藤本隆志  Wittgenstein の数学基礎論について
 3.黒崎 宏  いわゆる量と質について―その言語分析的考察―
 4.鈴木孝夫  二人称の記号論的分析
 5.金子隆芳  マッカロック・ピッツの神経網構成に関する一考察
 6.沢田允茂  同一律、矛盾律等の異なった表現とこれに関連する
         哲学的立場の考察

 午後の部(13:00〜18:00)

 7.石本 新  近代論理学における実在論と唯名論
 8.高木勘弌  意味について
 9.中村秀吉  科学的説明について
 10.吉田夏彦  論理的原子論について
 11.山下正男  ストアにおける命題算の成立過程
 12.中島甲臣  末綱博士の所説について
 13.富川 滋  Randomization の paradox について
 14.鈴木二三夫 
 15.川島元吉  行列解析函数について
 16.武田弘道  ‘プラグマティック’の用法―Quine, White, Kaplan―

注意:一研究発表は1人当り20分、質疑討論は1人当り10分の予定です.

懇親会(18:30〜21:00)


11月3日

講演
 井筒俊彦(慶應義塾大学教授) 意味の構造―言語学の立場から―

シンポジウム
〔座長〕平野智治
 1.記号論理学の有効性
 問題提出者 吉田夏彦、中村秀吉、武田弘道、石本 新

〔座長〕堀 伸夫
 2.自然科学と社会科学における客観性
 出題者 高木勘弌、小川 弘、吉村 融、市井三郎

講演
 岡 小天(小林理学研究所) 物理学と生物学の境界領域の問題について


[総目次]