第3回(昭和34年度)科学哲学大会プログラム

時:昭和34年11月22〜23日
所:慶應義塾大学
東京都港区芝三田

主催
科学基礎論学会、アメリカ哲学研究会、科学論理学会
後援
日本哲学会
(入場者から大会会費として50円いただきます)


11月22日(日)

 午前の部(9:00〜12:00)
挨拶
 三宅剛一(学習院大学教授)

講演
 岡本彰祐(神戸医科大学教授)大脳生理学的生命観

 午後の部(13:00〜16:30)

シンポジウム
 〔司会〕岩崎武雄・松本正夫
 弁証法は科学の方法として成立するか
 問題提出者 沢田允茂、黒崎 宏、寺沢恒信、市井三郎、中村秀吉

懇親会(18:30〜21:00)詳細は当日発表


11月23日(月)

研究発表
第1部(科学哲学一般、科学論、価値論) 会場 第1会場
 午前の部(9:00〜12:00)
 1.石田文記  近代的思考の終焉
 2.石蔵甚平  Goethe における科学と哲学と芸術
 3.小池平八郎 自我の観念について
 4.吉岡修一郎 科学研究における演繹と帰納の論理
 5.市井三郎  法則性と主体性
 6.佐久間鼎  弁証法と創意性

 午後の部(13:00〜16:30)

 7.小河原田  素粒子世界の基本性格
 8.杉原丈夫  必然性と偶然性―哲学的物理学試論―
 9.千田保治  生起理論と流動思想の交錯
 10.印東太郎  数量的実験現象学について
 11.上野 明  認識の循環系理論―視知覚における実験的解析について―
 12.植田清次  科学哲学としてのプラグマチズム
 13.篠原 雄  再び一般行動論的共軛系の性質について

第2部(記号論理学、数学基礎論、言語分析) 会場 第2会場
 午前の部(9:00〜12:00)
 1.渡辺市郎  物自体と無限集合
 2.河島元吉  Lie 群の表現について
 3.黒崎 宏  量から質への転化ということについて
 4.山下正男  中世論理学における Suppositio の理論
 5.石本新・斎藤晢郎 様相論理学の一つの形式化について
 6.鈴木孝夫  意味の構造―言語の使用の規準に関して―

 午後の部(13:00〜17:00)

 7.大出 晁  「は」と「が」について―日本語の論理構造の問題―
 8.永井成男  「矛盾がある」の分析
 9.福鎌達夫  「好む」と「選ぶ」について
 10.沢田允茂  主語と述語
 11.高木勘弌  「論理的なるもの」
 12.大滝 武  記号論理学の限界
 13.大森荘蔵  間主観性(Intersubjectivity)について
 14.白石早出雄  命題と事態と感覚との関係


[総目次]