第7回(昭和38年度)科学哲学大会プログラム

時:昭和38年10月26〜27日
所:国際基督教大学
三鷹市大沢

主催
科学基礎論学会、アメリカ哲学研究会、科学論理学会
後援
日本哲学会


10月26日(土)

研究発表・並びに質疑討論(10:00〜17:00)
第1部(科学哲学、科学史、言語分析) 
 1.浅野芳広  物理法則とリアリティー
 2.高田千秋  William Harvey の科学思想について
 3.水野 明  純粋理性批判における数学の意義
 4.長坂源一郎 物理科学における Counterfactual Conditionals
 5.清水芳次  色覚説の発展
 6.正村史朗  人間モナドの素性相位規制について
 7.黒崎 宏  目的論的説明について
 8.瀬在良男  実用論的記号理論の人間学的意義
 9.吉田夏彦  Intentionality
 10.市井三郎  社会・歴史の法則的把握と特異点
 11.小田切瑞穂  因弁証法的潜態重畳論に基く感覚・知覚・意識・
           思惟等の心的諸問題の考察

第2部(論理学、数学基礎論、科学方法論) 
 1.飯盛 豊  形式体系に関する一考察
 2.坂本賢三  サイバネティクスと弁証法
 3.飯野紀元  Wyle, Stone, Titchmarsh, Kodaira の展開定理
 4.佐伯秀光  多値述語論理の Axiomatizability についてのいくつかの
         問題
 5.鈴木好明  Statistical Inference の効用―情報理論序説―
 6.西勝忠男  帰納問題とパース
 7.河嶋元吉  新しい行列の羃について
 8.中村 昭  様相論理系 M" に等値な多値論理とリンデンバウムの定理について
 9.佐藤隆三  社会科学における理論構成に関する若干の問題点
 10.杉原丈夫  否定の公理
 11.大羽 蓁  ブルンスビックの確率的機能主義における巨視性と媒介過程の
         問題

第3部(行動論、価値論) 
 1.田上重興  幸福の分析的把握
 2.六本佳平  ことばと社会秩序―未開社会の言語・理論とそれが法社会学
                      に与える示唆について―
 3.富永健一  行動理論の社会学的モデル
 4.吉田正昭  価値の心理学的研究
 5.小泉 仰  倫理学における実践的背理
 6.菅原清太  行動としての意識
 7.田中靖政  Cross-Culture and Cross-Concept Study on Generality of
         Semantic Spaces
 8.篠原 雄  一般行動論の立場と根拠
 9.長尾竜一  ギリシャ思想における方法二元論の生成
 10.関 寛治  国際関係におけるシュミレーション
 11.福鎌達夫  志向性と傾向性
 12.大江精三  知識と行動と文化―人間行動の基礎構造についての試論―

特別講演1(13:00〜14:00)
 近藤基吉(東京都立大学教授) 数学基礎論の最近の動向 

懇親会(18:00〜21:00)大学食堂において


10月27日(日)

シンポジウム
第1部(10:00〜12:00)
 〔司会〕未定
 物理的実在の意味
 問題提出者 大森荘蔵、小野健一、小野 周、永井 博

第2部(14:30〜18:00)
 〔司会〕清水幾太郎
 予測と計画 ―計画化時代における新しい人間像―
 問題提出者 林雄二郎、内田忠男、野田一夫、林健太郎、森口繁一

特別講演2(13:00〜14:30)
 
Kenneth E.Boulding(国際基督教大学教授) General Systems Research
                       ―A New Movement in the
                         Scientific Community


[総目次]