第9回(昭和40年度)科学哲学大会プログラム

時:昭和40年10月23〜24日
所:千葉大学文理学部
千葉市弥生町

主催
科学基礎論学会、アメリカ哲学研究会、科学論理学会
後援
日本哲学会


10月23日(土)

研究発表・質疑討論(10:00〜17:30)
第1部(数理・論理・言語)   第1会場(921番教室)
 10:00〜12:00 
 1.高塚頼寿  現代宇宙数学の論理的構成と論理的演繹的方法
 2.松下伊勢松  証明対象の束構造と同型な証明形式
 3.村田 全  解析集合論における N.Lusin の“哲学”
 4.河嶋元吉  M.Freche の nombre paracomplexe について

 15:00〜17:30
 5.正村史朗  モナド相位の規制について
 6.藤田晋吾  ヴィットゲンシュタインにおける論理形式の概念について
 7.坂井秀寿  様相論理について ―Lewis の体系をめぐって
 8.川野 洋  コンピュータと言語
 9.佐久間鼎  ロゴスということ

第2部(知識・科学・技術)   第2会場(931番教室)
 10:00〜12:00 
 1.田中 治  認識主観は客観
 2.井上一美  体系にあらわれる認識論の影響について
 3.飯森 豊  経験科学におけるモデルについての一考察
 4.植田清隆  エネルギー変換構造II―“Lagrange の方程式”の意味と
         その問題点

 15:00〜17:30
 5.黒崎 宏  検証の立場より見たる自由と決定論
 6.沢井濤哉  causa efficiens の一問題
 7.浅野芳広  法則性の表現をめぐる諸問題
 8.広松 渉  マッハの空間理論―ニュートンとアインシュタインをつなぐ環
 9.東 節男  科学における宿命的限界について

第3部(価値・行動・歴史)   第3会場(941番教室)
 10:00〜12:00 
 1.岡 昌宏  貨幣価値と価格
 2.江藤 肇  オペレーションズ・リサーチにおける価値論
 3.小田切瑞穂  価値の科学
 4.安藤唯一  意識について

 15:00〜17:30
 5.青木孝悦  「異常」をどのように考えるか
 6.大羽 蓁  人間行動における恒常性と transactionism
 7.岡本栄一  条件づけの論理的構造
 8.能見義博  動物の探索行動について
 9.福鎌達夫  「ひと」と“person”

特別講演1(13:00〜14:30)
 大山 正(北海道大学助教授) 行動科学としての心理学の研究法

懇親会(18:00〜20:00)
山本芳弘(千葉大学助教授)アメリカの諸大学を歴訪して
              ―スライドを中心に―(帰朝報告)


10月24日(日)(10:00〜17:30)

シンポジウム
第1部(10:00〜12:00)   第4会場(712番教室)
 〔司会〕碧海純一(法学・哲学)
 行動科学の現代的課題
 問題提出者 吉村 融(哲学)―序説・文明論的展望―、
       高田洋一郎(数理心理学)、田中靖政(政治心理学)
       武者小路公秀(政治学)、関 寛治(政治学)

第2部(15:00〜17:30)   第4会場(712番教室)
 〔司会〕大江精三(哲学)
 科学的人間像の諸相
 問題提出者 池原止戈夫(数学)、山内恭彦(物理学)、石田周三(生物学)
       岡本彰祐(大脳生理学)、石田英一郎(文化人類学)

特別講演2(10:00〜14:30)   第4会場(712番教室)
 中村 元(東京大学教授)東洋思想と科学的思惟


[総目次]