石本基金 概要 > 石本賞 概要


石本賞について

 学会誌『科学哲学』掲載論文(公募論文、依頼論文を問わない)のうち、若手研究者の執筆になるもので、とりわけ内容的に優秀で、学界の今後の発展に重要な貢献を果たすことが期待され、本学会として、著者の研究活動に対する支援・奨励を行うことが有意義だと認められるものを、毎年度一篇選び、年次大会総会の場でこれを表彰するとともに、副賞(10万円)を贈呈します。

<選考対象>(2021年06月改訂)

  1. 掲載時期
    授与年度より前の3年度間に発行された『科学哲学』のいずれかの号に掲載されたもの。
  2. 著者のキャリア
    当該論文の寄稿時点(公募論文の場合はその掲載決定時点)で、著者(複数の場合、少なくともその中の一人)が以下の条件のうち少なくとも一方を満たすこと。
    1. 40歳未満であること
    2. 科学哲学関連分野での博士の学位取得後8年未満であること(但し、学位を取得見込みの者及び学位を取得後に産前・産後の休暇、育児休業の期間を除くと博士の学位取得後8年未満となる者を含む)
  3. 会員資格
    授与年度の前年度末までに、著者(複数の場合、上記2の条件を満たす著者)が本学会の会員となっていること

<選考方式>

※これまでの石本賞の選考結果については、こちらをご覧ください。


このサイトは日本科学哲学会事務局によって管理運営されています。