26号(1993年)

科学的説明

タイトル

執筆者及び訳者

説明と形而上学的コミットメント 中釜浩一 1-13
科学的説明に関する二つのパラダイム 横山輝雄 15-24
科学的説明の演繹主義的理論へ向けて 熊谷陽一 25-37
科学的説明と実在論 小林道夫 39-51
科學的説明について 吉田夏彦 53-65
十九世紀イギリスにおける「科学的説明」の分析 内井惣七 67-79
ライプニッツにおける実在的実無限の可能性 松王政浩 81-93
概念枠の一元論と多元論 松本俊吉 95-106
“単なるケンブリッジ変化”と出来事の記述 柏端達也 107-119
〈意味〉を自然化する 篠原成彦 121-132
書評 133-139
黒田亘著『行為と規範』 (山田友幸)
藤田晋吾著『相捕性の哲学的考察』 (田中裕)
奥雅博著『思索のアルバム ―後期ウィトゲンシュタインをめぐって―』 (伊藤春樹)
第25回大会(1992年)記録 140
ワークショップ記録 141
学界消息 142-147

[総目次]