1号(1968年)

タイトル

執筆者及び訳者

創刊のことば

永井成男

5

ルイス S1' の構成とその決定手続きについて

石本 新・藤川吉美

9

必然性と導出可能性

斎藤晢郎

23

三値論理学の基礎について

高松鶴吉

31

数理計画法とゲーム理論の形式体系

江藤 肇

45

分析命題の論理的情報について

永井成男

55

記号の世界における抽象情報と具体情報

川野 洋

71

虚偽について

今田竹千代

83

経験論再検討 ―W.Sellars‘《所与》の神話’に従って―

97

自我と役割 ―その価値論的考察―

瀬在良男

105

存在論と論理学

速川治郎

119

弁証法における矛盾について

金子正義

133

数学の本質に関する人間学的考察

竹崎鼎輔

147

ムーアと言語哲学 モリス・ラゼロウィッツ(藤本隆志訳)

163

Heuristik und Semiotik in der Wissenschaftstheorie Prof.Dr.Max Bense

183

On Modal Logic

Paul Lorenzen

199

日本科学哲学会の創立とその背景

(磯野友彦)

215

日本科学哲学会活動報告

221

[総目次]