12号(1979年)

言語と非言語

タイトル

執筆者及び訳者

言語と非言語 杉原丈夫 3-15
後期のウィトゲンシュタインにおける「言語」と「非言語」―コトバが前提しているものについて― 黒崎 宏 17-27
非言語の表現機構 ―言語処理へのプラグマティックス導入のこころみ― 川野 洋 29-43
言語と非言語 宮下治子 45-62
フレーゲの『概念記法』(1879)の目的について―「言語」の概念をめぐって― 土屋 俊 63-76
パースの Existential Graphs について 小島雅春 77-91
差異と実質 永井 均 93-106
論理としてのレスニェウスキー存在論 石本 新 107-114
Relations between Logical Necessity and Logical Truth Shigeo Nagai,Tokuyuki Ohkubo 115-120
書評
永井成男著『世界観の論理』

(藤川良美)

黒崎宏著『科学と人間 ―ウィトゲンシュタイン的アプローチ―』 (藤本隆志)
坂井秀寿著『哲学探究』 (藤村龍雄)
内田種臣著『様相の論理』 (杉原丈夫)
P.F.ストローソン著(中村秀吉訳)『個体と主語』 (信原幸弘)
《学界消息》

[総目次]