14号(1981年)

論理とは何か

タイトル

執筆者及び訳者

「論理とは何か」を考える 藤村龍雄 1-4
限量記号∃について 清水義夫 5-20
量子論理は論理か 藤田晋吾 21-34
論理的真理の理論としての論理学 内井惣七 35-44
古典命題論理における公理的拒否の方法について 石本 新 45-60
強い否定に対するいろいろなKripke型モデル 高野道夫 61-73
論理的真理と文の構造 信原幸弘 75-88
レスニェウスキー存在論の命題論理的部分系の様相的拡張 和田和行 89-102
Two Kinds of Philosophical Analysis David F.Pears (報告) 103-118
D.ペアーズ氏来日講演シリーズ 土屋 俊 119-120
記号論理学会とオーストラリア―ニュージーランド>論理学会共同主催による論理学会 石本 新・小林光則 121-123
書評 125-132
永井成男編,永井成男・大窪徳行・桑野耕三・小林光則共著『現代論理学の方法』 (石本 新)
米盛裕二著『パースの記号学』 (瀬在良男)
大森荘蔵著『流れとよどみ ―哲学断章―』 (藤本隆志)
J.M.ボヘンスキー著(岩野秀明訳)『古代形式論理学』 (石本新)
N.レッシャー著(門田種臣訳)『対話の論理 ―弁証法再考―』 (中村秀吉)
P.ファイヤアーベント著(村上陽一郎・渡辺博訳)『方法ヘの挑戦』 (竹尾治一郎)
学会記事

133

[総目次]