15号(1982年)

科学哲学の展望

タイトル

執筆者及び訳者

科学哲学の問い直しと展望 沢田允茂 1-5
自然言語の論理をめぐって 石本 新 7-14
生きた知識の仕組 ―認識科学による科学哲学の新武装― 川野 洋 15-30
「科学の解釈学」への一試論 野家啓一 31-48
なぜ科学批判なのか ―ボーアとウィトゲンシュタイン― 藤田晋吾 49-61
相対主義の問題 渡辺 博 63-76
直観主義的多値論理 高野道夫 77-89
アリストテレスの幾何学観 田中 裕 91-106
様相述語体系の一階述語論理への埋め込みについて 三浦 聰 107-121
生成拡大モデルについて 山本 新 123-140
書評
坂本百大著『人間機械論の哲学』 (市井三郎)
伊東俊太郎著『科学と現実』 (藤本隆志)
大森荘蔵著『新知覚新論』 (中村秀吉)
ヒスパーヌス著(山下正男訳)『ヒスパーヌス論理学綱要』 (田中裕)
G.E.ヒューズ・M.J.クレスウェル著(三浦聰・大浜茂生・春藤修二訳)『様相論理入門』 (大沢秀介)
N.R.ハンソン著(野家啓一・渡辺博訳)『知覚と発見(上・下)』 (服部裕幸)
学会記事 151-153

[総目次]