25号(1992年)

自然化された認識論

タイトル

執筆者及び訳者

合理性の自然化

伊藤邦武

1-13

認識論上の正当化と認識主体

浜野研三

15-28

自然主義的認識論の哲学的意義

鬼界彰夫

29-40

真理探求のテクノロジーと認識論的規範

染田 靖

41-52

「全体主義」の誘惑に抗して

野家啓一

53-68

帰結関係と帰結作用素への誘い

井上茂雄

69-84

指示詞の本性と〈自己関係性〉

清塚邦彦

85-98

理解と能力

関口浩喜

99-111

翻訳の不確定性と全体論

宮島昭二

113-125

情報構造の Common Knowledge に関するオーマンの直観について

神山和好

127-138

討論

藤村龍雄氏の「言葉と世界の結びつきに関する覚書」(科学哲学24号,105〜110頁)への答

石黒ひで

139-141

書評

142-153

坂本百大著『言語起源論の新展開』

(碧海純一)

大出晁著『パラドックスへの挑戦』

(藤田晋吾)

大森荘蔵著『時間と自我』

(永井 均)

小林傳司・中山伸樹・中島秀人編著『科学とは何だろうか ―科学観の転換―』

(渡辺博)

ヤン=ウカシェーヴィチ著(高松鶴吉訳)『数理論理学原論』

(石本新)

第24回大会(1991年)記録

154

ワークショップ記録

155-157

学界消息

158-159

[総目次]