3号(1970年)

タイトル

執筆者及び訳者

委員長としての「ごあいさつ」

今田竹千代

5

選好の論理についての一試論

斎藤晢郎

7

時間的真理関数

杉原丈夫

15

S■帰納的確率論と等値な意味公準を含むL 帰納的確率論について 永井成男・大窪徳行

27

哲学的論理学 ―思考について―

速川治郎

45

「弁証法とは何か」におけるK.ポパーの弁証法批判

将積 茂

59

概念分析によるプランニング・システム ―システム科学の一方法

江藤 肇

73

記憶モデルの問題分析とパターン再生の一仮説

植田義弘

85

ヴェーバーと自然科学的決定論―とくに,ヴェーバーの論文“》Energetische《 Kulturtheorien”を中心として―

斎藤博道

101

カントの先験的感性論批判(上)

申 ■雨

115

観測の量子論の哲学的問題

長坂源一郎

131

歴史分析と“Popper-Hempel Theory”

■在良男

145

動物の「モラル」のレベルについて

鳥居正夫

159

強い否定を含む構成的言明算 ヌ.ヴォロビエフ(石本 新訳)

175

構成的論理学 アー・アー・マルコフ(石本 新訳)

224

日本科学哲学会活動報告

227

[総目次]