第2号(2019年)


  1. 吉 田 哲 郎(放送大学):「比較言語学における局所的最節約法 ―分岐学との対比を通じて―
  2. 小 森 勇 輝(慶應義塾大学):「私的言語の可能性と不可能性
  3. 池 田 健 人(大阪大学):「世界3の自律性は言語的実体と衝突するのか
  4. 柴 田 翔 平(北海道大学):「予測符号化の哲学的含意と過学習の問題
  5. 中谷内   悠(九州大学):「根元的解釈の基礎について
  6. 小 関 健太郎(慶應義塾大学):「マイノング主義論理におけるボトムアップの観点

総目次