2020年度会費減額申請(申請期間:3月1日~5月末日)について(受け付けは締め切りました)

 先般お知らせした通り、日本科学哲学会事務局では5月末日まで、常勤職のない会員向けに2020年度の会費減額申請の受付を行っています。 例年こちらの申請は、原則として保証者署名を含め直筆で記入したものを郵送いただくようお願いしておりました。しかし新型コロナウイルス対策に伴う休校措置やリモートワーク等が幅広く実施されている関係上、会員におかれましても、申請書に保証者の署名をいただくことが困難な状況が発生している模様です。

 従って日本科学哲学会では、2020年度の会費減額申請については、下記のように対応することとなりました。

1.現在受付中の会費減額申請(~5月末日)については、従来通りの郵送申請が困難な場合、メールによる電子申請を受け付けます。すでに郵送による申請をお送りいただいた方、また今後も郵送による申請が可能な方は、これまで通りで問題ありません。

2.メールで申請する場合、会費減額申請書は、2020年度用の申請書WORDPDF)を使用し、申請者本人の署名および押印が確認できる画像データ(スキャンデータ可)を添付してください。また、保証者が必要な場合は、保証者の氏名、所属、連絡先メールアドレスまで、必ず申請書に記入してください。

3.申請書末尾の保証者記入欄については、保証者による署名押印が困難な時は、空欄のままで提出していただいてかまいません。この場合、事務局から保証者へメールで連絡し、個別に確認をとらせていただきます。

4.会費減額申請の条件等については、こちらをお読みください。

以上、よろしくお願いいたします。(2020.04.15)