第1号(2018年)


  1. 今 村 拓 万(京都大学):「公理の有用性と加速定理
  2. 山 崎 かれん(東京大学):「人工知能の自律性について
  3. 三 笠 雅 也(京都大学):「精神医学における生態学的アプローチ ― Thomas Fuchsの論考から ―
  4. 佐 藤 広 大(慶應義塾大学):「毒パズルと脳走査装置
  5. 上 田 恭 平(京都大学):「内的確率測度とフィルタリングアルゴリズムによる整合測度の構成
  6. 吉 田 佑 介(東京大学):「存在論の方法としてのTruthmaker理論はどのような条件を満たすべきか
  7. 櫻 井 圭 介(東京大学):「心の哲学と神経科学における心脳問題と心的因果の取り扱いに関する論考
  8. 中 根 杏 樹(慶應義塾大学):「理由のために行為することと実践的推論
  9. 原 田 夏 樹(慶應義塾大学):「認知的侵入可能性と認識的影響
  10. 林   大 智(北海道大学):「真理の表現的機能と反映原理について
  11. 過 能 洋 平(千葉大学):「セラーズが言う自己についての「報告」とはどのようなものか?
  12. 森   悠 貴(首都大学東京):「状況づけられたエージェントの推論活動 ― アブダクションと常識推論をめぐって ―
  13. 大 畑 浩 志(大阪市立大学):「様相の形而上学における傾向性主義を退ける
  14. 佐々木   渉(大阪大学):「死の害のタイミング問題
  15. 笹 本 も も(首都大学東京):「行為の合理化の論理構造 ― 主たる理由の時間的・様相的特性を巡って ―
  16. 田 中 大 海(慶應義塾大学):「部分構造論理における埋め込み定理に対する相意味論的アプローチ
  17. 遠 藤 進 平(アムステルダム大学):「Contemporary Debates on Possible Worlds
  18. 後 藤 真理子(九州大学):「グラウンディング概念の理解における実体の役割について
  19. 三 上 温 湯(首都大学東京):「ダメット意味理論再考 ― 実践能力としての理解 ―

総目次